ホーム  >  賃貸契約の流れ

住まいの賃貸契約 How To お申込みからご契約まで
 1.住まいの情報収集

住まいの情報収集 

【希望条件を決めよう】
  おしゃれな街で、駅に近く、家賃が安くて、日当たり良好。そんな物件は非常に難しいのです。「自分にとって譲れない条件は何か」「何が大切か」を条件をじっくり考えてからきめましょう。

【マンションとアパートの違い】
  マンションとは、通常、「3階以上」「鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート構造」の物件を指します。 またアパートは、「2階以下」「木造や軽量鉄骨構造」の物件をアパートとして分類しています。 ハイツ、文化住宅もこの分類です。
 家賃相場から見ると、マンションはアパートよりも2割程度高くなります。木造と鉄筋コンクリートでは防音性が大きく異なります。
  最近ではアパートでもある程度の防音構造(気泡コンクリート壁など)の建物も出ています。

【賃貸情報誌とWEB情報】
 賃貸情報誌の良いところは、一冊の雑誌に様々な物件があり一覧性に優れている点です。
 沿線別に紹介されているので、目当ての駅や街で予算にあった物件が探せます。しかし、情報を集めて発行までに1~2週間かかるので、情報誌が発売された時点では、成約した賃貸物件が掲載されていることもあります。

 インターネットでは、常に更新された新鮮な情報が掲載されており、様々な条件から検索できるので、理想の物件に出会える確率が高いでしょう。ただし、検索条件を付けすぎると「該当物件はありません」となりますので、最初は多くても2から3件を選び、もし物件がたくさん表示されるようであればもう少しチェックをつけて条件を絞るのがコツです。また、最近の賃貸情報はインターネットが主流となっています。

【女性のいい部屋選び】
安心して暮らす条件は「駅に近いこと」「2階以上」「オートロックつき」が良いでしょう。 「駅近」は、夜道をなるべく歩かないため「2階以上」「オートロックつき」は侵入者の可能性を少しでも減らすためです。 ただ、駅から多少遠くても商店街の中、コンビニが目の前など条件で安全な場合もあります。下見の時にこのポイントを思い出して下さい。

 2.入居申込み
賃貸契約の流れ~申込

 契約したい物件が見つかったら、すぐに不動産会社にその意思を伝え、申込書を作成。下見後すぐがベスト! そうでなくても翌日など、できるだけ間をおかないことが物件GETの秘訣。
  申込は、所定の申込書の記入をもって行いますが、これで「物件に入居できる」というわけではありません。
 所定の申込書に現住所や入居人数と関係、勤め先、連帯保証人などの詳細を書き込みます。
 自分に関する内容は問題ないでしょうが、連帯保証人についてはどこまでの記載を求められるのかはあらかじめ聞いておき、必要ならメモを作っておきましょう。また、最近は連帯保証人の代わりに保証会社との契約が必要な物件が多くなっていますので不動産会社に確認しましょう。
 ここで入居申込金が必要とされることも有ります。その場合は必ず「預かり証」を発行してもらいましょう。
 申込が完了すると、不動産会社は入居者募集をストップさせます。
 入居申込書に記入漏れがある場合は、出来るだけ早く(3日以内が目安)詳細を記入の上、不動産会社に通知しましょう。

 
<参考>入居申込書記入事項 (申込者・連帯保証人共通)
氏名・生年月日・住所・電話番号(携帯電話含む)・居住年数・住居の種別(持ち家、賃貸等) 勤務先内容(名称、住所、電話番号、所属部署、役職、勤務年数、年収等)

 3.入居審査
 申込書の内容に基づいて、入居審査を行います。
 結果が出るまでには、2日から1週間ほどかかります。もっと早いこともありますので、申し込みをしたら、すぐに契約の手配をする。
 退去の予告をしていない場合は、早急に連絡をとること。
 審査担当部署より勤務先の確認、連帯保証人に承諾確認等の連絡があります。
 家賃に対して収入が低すぎたり、過去に滞納の履歴があったりすると、申込をお断りする場合や連帯保証人を追加して頂くことがありますが、お断りする場合の理由については一切お答えできませんのであらかじめご了承ください。
 4.ご契約
賃貸契約の流れ~ご契約

 入居審査をパスすると、いよいよ契約!
 契約時にはさまざまな費用や書類が必要になりますので、下記を参考にして、契約時までに漏れなく揃えておきましょう。
 現在の住まいが賃貸住宅の方で、退去の予告をしていない場合は、早急に連絡をとること。
 契約場所は個々で異なりますので、不動産会社に確認の上、契約手続きの日程を予め決めておきましょう。また、契約金の支払い方法(持参または振込み)を確認して、契約の準備をしましょう。

*契約開始日は入居日指定物件を除き、原則として審査終了後の1週間から2週間以内が目安となります。

 5.ご入居
賃貸契約の流れ~ご入居 ご契約後、鍵の引渡しを受けてお引越しです。お疲れ様でした。
 注:鍵の引渡しは原則として契約手続き終了と同時となりますが、入居日指定物件(新築物件、リフォーム後引渡し物件等)または契約開始日までに一定期間猶予がある場合は指定日にお引渡しとなります。

※公共料金の手続も忘れないでね!
 電気・ガス・水道等の使用開始手続は入居者自身で申請が必要です。
 特にガスはガス会社の立会がありますので、余裕をもって連絡しましょう。
<入居申込時に必要なものと注意事項>
チェック内容注意事項
 お申込者の身分証明書 運転免許証・健康保険証・パスポート等
 お申込者・連帯保証人の詳細事項 入居申込書にご記入いただきます。上記参照 
 収入証明書 源泉徴収表または住民税課税証明書(所得記載)等 
 申込金(預かり金)  物件により異なります。 
<契約時に必要なものと注意事項>  
チェック内容注意事項
 契約費用 現金/家賃の4~6ヶ月分が目安。
 家賃引落し口座の通帳お届印 原則としてご本人様の口座に限ります。
 お申込者印 認印で可。*実印が必要な場合もございます。
 連帯保証人印 実印が必要。
 お申込者(同居人)の住民票 外国国籍の方は在留カードも。
 お申込者の身分証明書 顔写真の入ったもの。運転免許証・パスポート・学生証等
 連帯保証人の印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
 連帯保証書 連帯保証人様の実印を押したもの

南海の不動産売買

中古再生事業



オンラインで更新
オンラインで解約


賃貸契約の流れ
賃貸マンション・賃貸アパートのアパマン-APAMAN
アパマンショップ
スーモ

HOME'S住まいのアドバイザー認定店
athome
アドパーク
HOMES

アパマンショップ町屋店 スタッフ募集

 

店舗所在地の統計情報

気になる駅やエリアの「住みやすさ」「便利性」などがわかります。

by apamanshop

アパマンショップ町屋店

荒川区統計情報

アパマンショップ北千住東口店

足立区統計情報

アパマンショップ白山店

文京区統計情報

 

 


ページトップへ